ずっと続く憂鬱なまいにちにおさらば

毎日朝起きるのがつらい、気分が上がらないし、食欲もない、イライラする、なにかわからないけど不安だ、怖い、好きだったこともやりたくないし、好きだったものも食べたくなくなってしまった、こんな症状ありませんか?病院にはいきたくない、そんな時には、プロザックを飲めば嫌な気分から解放されます。プロザックは日本ではあまり出まわっていませんので、知らない人も多いです。今回はそんなプロザックの特徴についてご紹介します。

プロザックとはこんな薬

プロザックは、個人的に通信販売や個人輸入代行をしている人から買って飲む薬になります。毎日1日に1回飲むことになります。1日に何度も飲む薬ではないので、飲み忘れが少なくて管理しやすいです。

血中濃度が上がり、効果が出るまでに2、3週間時間かかります。5、6週間飲み続けても症状が改善しないときは、徐々に量を増やす必要があります。飲み忘れなく、きちんと飲み続けていても、効果が現れない人もいます。これは、他の薬でも起こりうることです。

同じ疾患で同じがんのステージで同じ薬を使っても効果のある人とそうでない人がいます。その背景には、既往や、体の状態などさまざまな要因があり、解明が難しいこともあります。それと同じです。

この薬の見落としてはいけない大事なところ

薬を飲む時には、その時の体の状態が大変重要です。もともと病気がないのか、数値で異常がないかなどによっては飲んではいけない場合がありますので注意が必要です。安全性は高いとは言われていますが、きちんとした判断で飲むようにしましょう。

薬によっては、飲み合わせや食べ合わせがよくないものがあります。しかし、このプロザックは、食べ物の影響はあまりありませんので、毎日の生活の中で好きなものを制限したりすることがなく飲みやすい薬です。

この薬は比較的、副作用が少なく、クセもないということで世界的に評判が高いですが、飲みやめた後5週間程度はからだのなかにまだ薬の作用が残っています。ですので、似たような他の薬を飲むときは、重複して飲まないよう注意して下さい。

関連する記事