卒業後はどのような場所に就職しているのか、就職率は?

服飾専門学校を出てからファッション業界で活躍をしている人は沢山います。ファッション業界で活躍をしたいと思ったら、ある程度基本的な知識から専門的な知識を身につけなければいけませんから、服飾専門学校に通ってしっかりと学ぶ事が大切です。ファッション業界で働く近道になります。

ファッション業界で働くと言っても、学校を卒業してから就職をする先というのは具体的にはどのような場所があるのでしょうか。卒業後にどのような場所で就職をしているのか、どの程度の確率でそれが可能なのか、就職支援はあるかなど見ていきましょう。

■専門学校を出てからの就職先

・ファッション業界で多岐に渡っている

専門学校を出てからの就職先は、多岐に渡っています。実際卒業してからどこに就職しているのかというと、ブランド、アパレルのメーカー、デザイン事務所や販売店などが一般的です。もちろん大きく分けてこうした場所で就職をしていますが、その中で様々な職業があります。商品のデザインを考える部署のデザイナーから、それを型紙に起こすパタンナーの仕事。トレンドやお客様の要望に合わせてブランドのコンセプトを考えたりする仕事であるマーチャンダイザーや、買い付けをするバイヤー、ショップで販売する店員など様々な仕事があります。

■卒業後の就職率について

・学校によっても違う

就職率は実際のところ学校によっても違いがあります。全国にある服飾専門学校の就職率出見れば8割程度と言えるでしょう。卒業生の8割が就職先を決めて就職しているというのは高い数字と言えるのではないでしょうか。

・就職するにあたっての支援について

支援はやはり学校に就職の求人がきます。斡旋してくれますので、独学で学んで自力で探すよりは就職しやすい状況です。

関連する記事