プロザックが効く病気にはどんな種類があるの?

時代背景や環境の変化など、現代の社会は複雑でだれもが精神的なびょうきになりやすいといわれています。ストレス社会の中で行きていくには、上手く対処していくことが大切ですが、一度病気になると、薬が必要になることが多いです。プロザックは抗うつ薬として世界で評判の高い薬です。今回は、この薬がどんな病気に効くのかについてご紹介します。

日本人にも多いうつ病

日本人の約16%が経験しているとも言われるうつ病。憂鬱な気持の中から抜け出すことができず、やる気や日常生活にまで影響を及ぼす病気です。病気の手前がうつ状態です、一度病気になると自然に治すことは難しく、安静や、内服治療、ひどくなると入院が必要になります。

脳が疲れて消耗している状態です。正常な脳では、セロトニンの働きで喜んだり、毎日の生活を送ることができますが、この働きが弱っていますので、気分の落ち込みと、イライラ、疲れやすい、悲観的になったりとネガティブな行動,言動から抜け出せません。

脳だけではなく体にも影響し症状がでてきます。この消耗を抑えるために、安静とセロトニンを増やして働かせる適切な薬などでコントロールしていきます。症状が落ち着けばあおることもできますが、再発する可能性もあります。プロザックはこのうつ病に大変効果があります。

他にはどんな病気に効くの?

精神的な病気に効きます。PTSDという心的外傷後ストレス症候群といわれる、突然の予期せぬ多大なストレスを受けるとこによってさまざまな症状が身体的、精神的に起こります。アメリカの研究では戦闘によってPTSDを生じた人に投与して効果があったと報告しています。

摂食障害である過食症にも効果があるといわれています。摂食障害とは、食べ物を食べて吐くという一連の動作を繰り返します。人によっては、その中でうつなどの気分の変調をきたします。

その他、脳内のセロトニンとノルアドレナリンのバランスがこわれて起こるパニック障害や潔癖性にも効果があると言われています。

関連する記事