独学で学ぶことと服飾専門学校に通う事の違いについて

ファッション業界で将来的に働きたいと思っているのなら、服飾専門学校へ通って知識と技術を専門的に身につける事がいいでしょう。ファッション業界と一言で言っても様々な職業があり、それによって学ぶべき知識も技術も違っていますので、自分がなりたい職業についての知識を身につける必要があります。

服飾専門学校に通わなくても、独学でもアパレルで働いている人はいますし、ファッション業界で働いている人は沢山います。学校に通わなくても実際のところ仕事をする事はできますが、独学と学校に通う事の違いはどこにあるのか見ていきましょう。

■実際独学でもファッション業界で働けるのか

・学びたい事が明確なら可能

実際問題服飾専門学校に通わなくても、独学でもファッション業界で働けるのかどうかという点については、可能です。学びたい事が明確になっているのならそれは可能です。勉強しなければいけないことがわかっていて、それについて独学で勉強しているという人は、学校に通わなくてもいいでしょう。しかし絶対に大丈夫とは断言できないのも事実です。

・独学で学んでいた人は

独学で学んでいた人は実際ファッション業界の現場で働き始めたときに違和感があったり、実習や知識、技術不足で、自信がない、不安が大きいというケースがあります。その点きちんと基礎から知識、技術を専門学校で学んできた人は、独学で学んだ人と違って安心して働いている傾向にあります。そういった面で差が出るというのが独学と学校へ通った人の違いです。

■独学では限界がある

独学では限界があります。やはり学校と同じレベルで学ぶというのは厳しいでしょう。また就職に関しても学校を経由して就職先を探したほうがスムーズに就職できる違いもあります。

関連する記事